HIK [HIK001]

HIK [HIK001]

販売価格: 13,250円(税別)

(税込価格: 14,310円)

重み (※重み0の商品のみレターパックもご選択いただけます): 1

在庫数 1点
数量:


●サイズ
護符原寸:横:85ミリ/縦:54ミリ
(ラミネート加工を施しますので、出来上がりは原寸より大きくなります)

●このアイテムの裏表は同じ絵柄です。
  しかし、裏表の絵柄の向きは逆です。
   間に1枚別の護符を挟みこんでおりますので、多少厚みがございます。

※護符両面の絵柄は視認して頂いて大丈夫ですが、
  ラミネートを剥がして中身をご覧になるのはお勧め出来ません。

※この護符は見ちゃダメ護符・RMEC護符・MARIAおよびANRRオイルと相性が抜群です。
  特にANRRをお使いになって効果があった方には超お勧めです!


赤文字にてすでにご注意申し上げておりますが、この護符は裏表で向きが逆です。
それが正しい状態ですので貼り合わせが間違っているわけではございません。
つまり、この護符に「上」や「下」、「右」や「左」の区別はございませんので
どっち向きにお持ちになっても問題はございません。

護符の黒い円周部分に白文字で書かれている文字に関しましては
解読する&覚える必要はございません。単なる製作者のこだわり部分(?)なので。
「パワフルに活用するにはここを覚えておいてね!」という部分は
同梱の説明書のほうにて拡大画像つきで解説しておりますので、そちらをご参照下さい。


肝心の、「この護符はどのように作用するのか」の部分ですが、
超簡単に言ってしまいますと、これは「起死回生の一撃を放つ」ための護符です。
不可抗力であれなんであれ、人生ってやつはふとしたことから、
八方塞りの状態に陥ってしまうことがよくあるじゃないですか。
自分の怠慢や油断が招いた事態ならまぁ反省して以後気をつければいいのかもしれませんが、
自分に一切の非が無いのに、まるで自分の首にロープの輪がぶら下がっているような、
そのロープの端っこがどこか高いところに結び付けられていて、
自分は後ろ手に縛られていて、おまけに足元の台はぐらぐらしているような、
そんな「困った」と表現するにはあまりにも危機的な状況に陥ってしまうことだってあると思うんですよ。
実際あたしは何度かございましたしね。
 
まぁおとなしく首吊り人形になっても構わない方はそれでいいんですが、
「冗談じゃないぞ!なんかこの状態を切り抜ける方法はないのか!」と足掻きたい方にはこの護符はお勧めです。
左右から巨大な壁が迫ってきていて、このままでは自分がぺちゃんこになるのも時間の問題だ!みたいな状況の時に、
「前または後ろに超高速で走りぬける」とか、 「左右どちらかの壁を正拳突きでぶち破る」とか、
「つっかえ棒で壁を止めている間に逃げる」とか、「床のくぼみに身を伏せてやり過ごす」とか、
なんかそういう「起死回生の技や発想」を使用者に与えて事態を回避しようというためのものなんです。
 
高みの見物をなさっている御方から見れば、これは「悪あがき」の一種なんでしょう。
しかしあたしは、人生とは悪あがきの連続で繋がってゆくものだと思います。
諦めたらそこで試合終了だと、どこぞの白髪鬼な先生がおっしゃったそうですが、まさにその通りだと思うんです。
チェスで言うなら「チェック」をかけられただけならまだ負けが確定したわけではないでしょう?
チェックを防げれば、チェックメイトでさえなければ、まだ逃げ道はあるかもしれないじゃないですか。
一度きりの人生なのに、あがかなくてどうするんですか!

ま、そうは言っても、人間、危機的状況に陥ると、焦るばかりでまともな思考はなかなか生まれません。
ぐるぐると堂々巡りな愚策ばかりが頭に浮かぶはずです。
そこで一度、氷のように冷静になり、どこかにこの状況をひっくり返す、またはうまくやり過ごす手はないかと
脳味噌ひっくり返して策を練るべきなんですが、あいにく人間お尻に火がつくと
なかなかそこまで冷静ではいられないものなんですよ。
ですので、この護符には「使用者を冷静にさせる」とか「状況を改善させるひらめきやヒントを得る」という
効力を与えてあります。追い詰められた時ほど冷静であれ!ってことですねヾ(´▽`)ノ

ゆえに、この護符と神格護符系、およびANRRオイルとの相性は抜群です。
それらをお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非一緒にお使い下さいませ。

※この護符には脳内再現(=護符を見ない状態でも頭の中で模様を思い描く)用の画像を印刷した
 説明書が同梱されます。護符自体は結構ややこしい模様ですので、これ全てを覚えようと
 なさらなくて大丈夫です。

※具体的な使用方法としましては、3日に1度程度、何か袋に入れた状態で(袋の材質・色は問いません)、
  夜間お休みになる際に左手に握った状態で、願いを心の中で繰り返しながら、
 そのまま眠りに落ちるようにして頂けますと幸いです。