ANRR改 [GFOL0006]

ANRR改 [GFOL0006]

販売価格: 37,300円(税別)

(税込価格: 41,030円)

在庫数 4点
数量:


●サイズなど

容器サイズ:直径:21ミリ/高さ:約50ミリ
容器材質:遮光ガラス・プラスチック(中栓・蓋)・アルミ(スクリューキャップ)
本体内容量:約10ml

※オイルの香りについて

 大事なことなので商品説明の前に先にこのオイルの香りについてご説明いたします。
 レモンやライム、柚子や酢橘といった、ああいう『柑橘系』の香りが苦手な方にとって
 このオイルの香りは好ましい香りとは言えないでしょう。
 (もちろん、個人差もあるでしょうけれど)
 「フローラルなトップノートが」とか「ウッディなミドルノートが」とか
 「アロマティックなラストノートが」とか、そういうのを期待なさっていらっしゃる方は
 このオイルをお使いにならないほうが無難だと思います。
 イメージとしましては、このオイルは『細い針(Acus Tenuis)』の香りです。
 脳に刺さる細い針。そこからドミノ倒しのように、パワーが拡散してゆくその起爆剤となる最初の針。
 そこらへんをご理解頂いてから、下記の商品説明に目を通して頂けますと幸いです。


●商品説明
人間は「右脳」と「左脳」という、二つに分離した脳を持っています。
もちろんその間は「脳梁(のうりょう)」という神経の束で結ばれており、
相互に情報のやり取りが行われるような仕組みになっております。

それぞれの脳は得意とする分野がやや異なります。
左脳は「思考」を司り、視覚や聴覚などをメインに担当します。
なので人が話している言葉を聞いたり、文字を読んだりしている時には、
右脳よりも左脳のほうの活動が活発になっているのです。

逆に、五感、つまり視覚や聴覚だけでなく味覚や嗅覚、体感覚全てを
あますことなく捉えるのが右脳です。なので劇場で映画鑑賞とかしている時には
読書の時と違って右脳も活発に活動します。それが恐怖映画とかだったら尚更です!
右脳は感性も担当しますのでね。

人間、思考だけ感性だけではうまくこの世を渡ってはいけません。
両方うまく使いこなしてこその人間です。だってせっかく両方の脳があるのですし。
そして出来ることであれば、その両方のパワーを最大限に引き出したい。
右脳と左脳の情報相互伝達スピードを出来うる限りUPさせて、
いわゆる「頭の回転の速い人」と呼ばれるような状態を作り出したい。
しかしこれを下手に強化すると「女のヒステリー」と揶揄されるあの状態も
ひどくなる危険性もあるだろうから、
(感情の暴走に思考や理性がついていけずコントロール出来なくなる状態)
その危険性から『核たる』理性を切り離し、あくまでも手綱は理性側が持ち続けるようにしておきたい。
あの一見暴走車にしか見えないF1車をレーシング・ドライバーが冷静に捌いて操るように、
そんな脳の状態を作りだしたい。まだ眠っているであろう脳の領域をフル活性化して、
その人の本来のポテンシャルを全て引き出せるような、眠っている才能を目覚めさせるような、
その人を「人と神の境界線に立つ者」に格上げするようなもの、
それがこのオイルのコンセプトです。

このオイルを「通常の思考時」に使用すると、
考えがまとまりやすくなる、ごちゃついていた頭の中がすっきりと整理整頓されたようになる、
問題点に気付きやすくなる、解決策を思いつきやすくなる(解決策の質の向上≪←重要≫・
思いつくまでの時間の短縮になる)というデータが出ています。
(これはほぼ「おまけ」のような効果ですが、「人に騙されにくくなる」
「嘘を見抜くのがうまくなる」「感情的に暴走しにくくなる」というのもあります。
 要するに腹の中は煮えくり返っていても頭は冷静に状況を分析出来る状態になる
 と言えば分かりやすいかもしれません)

逆にこのオイルを「瞑想時・体感覚使用時」に使用すると、
自分の「核」を再認識しやすくなる、気持ちがリラックスする、インスピレーションが
得やすくなる(占いの時とかに『隠れた問題』に気づきやすくなったり
リーディングに深さが出る)、芸術活動がやりやすくなる、
また、アストラルトラベルとかそういうので「世界(大宇宙)と自分(小宇宙)との
一体感を得やすくなる」というデータが出ています。

現在のところ、副作用的な問題点は報告がありません。

※オイル状態だと使いにくいという場合は、薬局などで販売されております
 『無水エタノール』で希釈して香水のような感じでお使い下さい。
 50:50の割合で割っても香り及び効果は損なわれません。量が倍になるのでお得かもです♪
 エタノールで希釈した場合は使用前によく振ってからお使い下さい。
 直射日光には当てないで下さい。火気も厳禁です(オイルですしね!)。
 白い服などにそのままつけると褐色の染みが残るかもしれないのでご注意下さい。
 エタノールで希釈した後、またオイル状態に戻したいと思われた場合は、
 蓋を開けて暗所で二日ほど放置しておけば戻ります。埃などが入らないようご注意下さい。