MARIA11 Pro改 Ver. [MARIA11P]

MARIA11 Pro改 Ver. [MARIA11P]

販売価格: 100,000円(税別)

(税込: 110,000円)

重み(※重み0の商品はレターパック・ネコポスを選択できます): 1

在庫数 3点

商品詳細

●サイズ
直径:28mm×高さ:190mm
容器材質:真鍮(表面に透明なコーティングが施されております)
(容器の蓋は接着した状態でお届け致します。蓋をこじ開けるのはお勧め出来ません


【MARIA11固有説明】
MARIA11の特性に関しましてはお手数ですがこちらをご参照下さい。
(MARIA11の解説書の画像が提示されます)
 

【MARIAシリーズ共通基本説明】

MARIAの主たる目的は、「無意識集合体に相互アクセスしやすくしよう」というものです。

少し分かりやすくご説明いたしましょう。
ユングの心理学などでよく使われる喩えですが、我々個々の人間の意識(顕在意識)というものは、群島(小さな島がたくさん集まっている状態)における「海面から出ている部分」であり、実は個々の無意識(潜在意識)というものは、海面のはるか下でそれぞれの島が繋がっているように、お互い繋がりあっているものだ...という考えがございます。

だからこそAという民族が経験したものが、はるか離れた地域に住むBという民族の伝承に残っていたり、Aという人が経験したもの、
その無意識の集合体を通じて、はるか離れたBという人に伝わることにより、デジャヴという現象が生まれたり...とまぁ、そういうものなんですよ。

つまり我々個々はそれぞれが独立した意識を持っているようにみえて、実は無意識という根っこの部分で他の大勢の人と繋がりあっているという考え方なんですよね。

これを逆手にとって悪用したのが操り系のレシピです。
繋がっているからこそ、こっちのプログラムを相手の無意識下に送り込み、上書きさせて改ざんし、あたかもその人の意思でその行動を取っているかのように誤解させる...

これが操り系の全貌です。

操り系だけでなく、術と呼ばれるものにおいて、自分の力をこの無意識集合体に流し込んで、ターゲットの無意識領域に侵入し、作動させる仕組みのものがとても多いんですよ。
全く血も涙もないお話で本当に申し訳ないんですけれどね。

ただ、操り系の場合、どうしても長期的(半年以上)に操ることは難しいんです。データでも長期的になるにつれ、あまり良い結果が出ません。

レインボーオブシディアンは容易に相手のセキュリティに侵入出来るけれど、長期的に相手に発見されずに居座ることには向かないのだなと、その点の改良を目指したところから、このレシピは始まりました。

同時に、一体のターゲットを操るだけでは物事の進展が見込めないこともありますよね?
多数のターゲットに、気づかれることなく、長期的に安定した出力で、相手(複数)の無意識下に侵入し続けることは出来ないだろうか。

つまりこちらの出力を長期的に安定した状態で出し続け、相手に影響を及ぼし続けることはなんとか出来ないものか。
最初はそれがメイン目的でした。

しかし、集合体無意識に、安定してアクセスが出来るものを...と考えてゆくと、こちらからの一方的なアクセスだけを狙うよりも、回路を太くして、無意識集合体と相互にアクセスし合うことを目指したほうが、何かと役立つレシピになりそうだと、途中から路線変更になったのです。
その結果生まれた品がMARIAです。

無意識集合体に自由にアクセスし、相互に関係を持つことが可能になれば、無意識集合体の持つエネルギーを『失敬して』こちら側のエネルギーとして利用することも出来ますから。

莫大な資産を持つ銀行口座にアクセスすることが出来る「鍵」のようなものです。その『失敬した』エネルギーをどのように利用するかは使用者本人の判断にゆだねられています。
ある意味究極の運吸収系として使用することも、究極の対多数操り系として使用することも、究極の呪符として使用することも可能でしょう。

もちろん使用者の腕は問いますけどね。